"A script enabled browser is required for this page to function properly"

Gold DBA11g 新機能[Gold DBA11g New Features]

   印刷用画面
試験番号: 1Z0-050
関連資格: ORACLE MASTER Gold Oracle Database 11g
OPN認定スペシャリスト(OPN Certified Specialist)
試験料(税込): 25,272 円
価格ポリシーについて
試験のお申込み: ????VUE?
 
試験時間: 105分
このほか、試験受験時には受験契約の同意やアンケートのための時間(15~30分以内)が必要です。
出題数: 77問
合格%: 61%
合格ラインは変更されることがあります。
合格ラインについて

  おすすめ研修サービス   追記事項および試験環境   テスト内容チェックリスト   不正行為

おすすめ研修サービス


追記事項および試験環境


テスト内容チェックリスト

インストールおよびアップグレードの拡張機能

[  ]

Oracle Database 11gのインストール

[  ]

Oracle Database 11gへのアップグレード

[  ]

Oracle Direct NFS

[  ]

オンライン・パッチの使用

ストレージ管理の機能拡張

[  ]

ASMの高速ミラー再同期の設定

[  ]

スケーラビリティおよびパフォーマンスの拡張機能

[  ]

ASMディスク・グループ属性の設定

[  ]

新しい様々な管理オプションの使用

[  ]

ASMCMDのmd_backup、md_restoreおよびremap拡張の使用

インテリジェント・インフラストラクチャの拡張機能

[  ]

AWRベースラインの作成と使用

[  ]

AWRベースラインのメトリックしきい値の設定

[  ]

自動メンテナンス・タスクの制御

[  ]

データベース・リソース・マネジャ拡張機能の使用

[  ]

新スケジューラ機能の使用

パフォーマンス関連の拡張機能

[  ]

ADDMの拡張機能

[  ]

自動メモリー管理の設定

[  ]

統計収集機能の拡張

パーティション化およびストレージ関連の拡張機能

[  ]

新しいパーティション化メソッドの実装

[  ]

データ圧縮の使用

[  ]

SQLアクセス・アドバイザの概要

[  ]

PL/SQLを使用したSQLアクセス・アドバイザ分析セッションの作成

RMANの拡張機能の使用

[  ]

アーカイブ・ログの管理

[  ]

データベースの複製

[  ]

大規模なファイルの複数セクションでのバックアップ

[  ]

長期格納用のアーカイブ・バックアップの作成

[  ]

ASMCMDのmd_backup、md_restoreおよびrepair拡張の使用

フラッシュバックおよびLogMinerの使用

[  ]

フラッシュバック・データ・アーカイブの概要

[  ]

フラッシュバック・データ・アーカイブの管理

[  ]

フラッシュバック・トランザクション・バックアウトの使用

[  ]

LogMinerの使用

障害診断の拡張機能

[  ]

自動診断リポジトリの設定

[  ]

サポート・ワークベンチの使用

[  ]

ヘルス・チェックの実行

[  ]

SQL修復アドバイザの使用

データベース・リプレイ

[  ]

ワークロードの記録およびリプレイの概要

[  ]

ワークロードの記録およびリプレイの使用

データ・リカバリ・アドバイザの使用

[  ]

データ・リカバリ・アドバイザの概要

[  ]

データ・リカバリ・アドバイザを使用したデータ障害の修復

[  ]

事前障害チェックの実行

セキュリティ関連の拡張機能

[  ]

セキュアなパスワードを使用するためのパスワード・ファイルの構成

[  ]

表領域の暗号化

[  ]

外部ネットワーク・サービスへのファイングレイン・アクセスの構成

Oracle SecureFiles

[  ]

SecureFilesラージ・オブジェクト(LOB)の暗号化、圧縮、重複除外機能を使用したドキュメントの保存

[  ]

SQLおよびPL/SQL APIを使用したSecureFilesへのアクセス

その他の拡張機能

[  ]

表のオンライン再定義における拡張機能の説明および使用

[  ]

ファイングレイン依存性の管理における拡張機能

[  ]

DDL拡張機能の使用-改良されたテーブル・ロック・メカニズムの適用および非表示索引の作成

[  ]

クエリの結果キャッシュおよびPL/SQL問い合わせの結果キャッシュ

[  ]

適応カーソル共有

[  ]

一時表領域の縮小

SQLパフォーマンス・アナライザ

[  ]

SQLパフォーマンス・アナライザの概要

[  ]

SQLパフォーマンス・アナライザの使用

SQL計画管理

[  ]

SQL計画ベースライン・アーキテクチャ

[  ]

SQL計画ベースラインの設定

[  ]

SQL計画ベースラインの使用

自動SQLチューニング

[  ]

自動SQLチューニングの設定および変更

[  ]

自動SQLチューニングによって生成されたレポートの表示および理解

ページ先頭へ


オラクル認定資格試験受験時の不正行為について

Oracle は、不正行為(受験チケットの不正使用、カンニング、成績表の改ざん、修了証明書の改ざん、その他オラクルが不正と判断する行為を含む)に関与した受験者に対して訴訟を提起する権利を保有するものとします。

オラクルは、不正行為が行われたと判断した場合、受験者のオラクル認定資格の認定取消、受験者のOracle認定資格試験受験の一時的、または無期限・永久的な禁止、受験者の所属する会社への通知、法執行機関への通知を含む措置(ただしこれらに限定されるものではない)をとる場合があります。不正行為が発覚した場合、いかなる場合も、受験料の返却はいたしません。

受験前に必ず、 ORACLE CERTIFICATION PROGRAM 受験契約書 をご確認し、諸条件をご理解の上、遵守することに同意してください。