"A script enabled browser is required for this page to function properly"

Java SE 7 認定資格:

Java SE 7 認定資格:全面的に改訂

オラクル認定資格は、Java SE 7 認定資格の導入を機に、資格レベルのレベルアップをはかります。

2012年春より、SE 7 向けに改訂した新しい Java 認定資格を順次発表します。この資格を取得することで、業界標準に準拠した高度なスキルを証明します。

Oracle Certified Java Programmer, Bronze SE 7 認定資格は、言語未経験者向けの入門資格として新たに設けられました。Java言語を使用したオブジェクト指向プログラミングの基本的な知識を有すること を評価することを目的としています。Oracle Certified Java Programmer, Bronze SE 7 認定資格を取得するためには、1Z0-802 試験の合格が必要です(認定パス)。
※ 1Z0-802試験は、2015年5月31日をもちまして配信を終了しました。後継試験は、1Z0-814 (Java SE 7/8 Bronze) となります。詳細については、1Z0-814 試験詳細をご確認ください。

Oracle Certified Java Programmer, Silver SE 7 認定資格は定義や重点項目が刷新されました。日常的なプログラミング・スキルだけでなく、さまざまなプロジェクトで発生する状況への対応能力も評価することを目的としています。Oracle Certified Java Programmer, Silver SE 7 認定資格を取得するためには、1Z0-803 試験の合格が必要です(認定パス)。

Oracle Certified Java Programmer, Gold SE 7 認定資格は従来よりも高度な認定資格です。新しい Oracle Certified Java Programmer, Gold SE 7 認定資格に組み込まれたすべての技能を土台とし、優秀なJavaプログラマに求められる高度なスキルをさらに積み上げます。レベルの向上に伴い、Oracle Certified Java Programmer, Gold SE 7 認定資格を取得するためには、Oracle Certified Java Programmer, Silver SE 7 認定資格の取得と 1Z0-804 試験の合格が必要です(認定パス)。

Java SE 7 よりも前のバージョンの Javaプログラマ認定資格(Oracle認定JavaプログラマSE 6 (OCJ-P) または Oracle認定JavaプログラマSE 5 (OCJ-P) または Sun認定Javaプログラマ(SJC-P)の任意のエディション)を保有している場合は、移行試験(1Z0-805 : Upgrade to Java SE 7 Programmer )に合格すれば、Java SE 7 認定資格にアップグレードできます。資格の移行については、認定パスをご覧ください。

資格の認定パス

認定資格名前提資格試験合格
Oracle Certified Java Programmer, Bronze SE 7 認定資格なし1Z0-802
Java SE 7 Bronze 試験
※ 2015年5月31日をもちまして、本試験の配信を終了しました。後継試験は、1Z0-814試験となります。
Oracle Certified Java Programmer, Silver SE 7 認定資格なし1Z0-803
Java SE 7 Programmer I 試験
Oracle Certified Java Programmer, Gold SE 7 認定資格Oracle Certified Java Programmer, Silver SE 7 認定資格1Z0-804
Java SE 7 Programmer II 試験
資格の移行:
下記のいずれかの認定資格
Oracle認定JavaプログラマSE 6 (OCJ-P)
Oracle認定JavaプログラマSE 5 (OCJ-P)
Sun認定Javaプログラマ(SJC-P)(Editionは問わない)
1Z0-805
Upgrade to Java SE 7 Programmer 試験

主な日程

試験名および試験番号

リリース予定(日本語版)

1Z0-802
Java SE 7 Bronze ※ 2015年5月31日をもちまして、本試験の配信を終了しました。後継試験は、1Z0-814試験となります。

2012年9月22日リリース済み、(Beta試験の提供期間:2012年4月18日 - 2012年7月31日)

1Z0-803
Java SE 7 Programmer I

2012年9月27日リリース済み

1Z0-804
Java SE 7 Programmer II

2013年1月24日リリース済み

1Z0-805
Upgrade to Java SE 7 Programmer

2012年7月12日リリース済み

クィック・リンク

よくあるお問合せ(FAQ)

※ 本 FAQ において、「Java SE 7 認定資格よりも前のバージョンの Javaプログラマ認定資格」は、Oracle認定JavaプログラマSE 6 (OCJ-P)Oracle認定JavaプログラマSE 5 (OCJ-P)、 Sun認定Javaプログラマ(SJC-P)の任意のエディション)のいずれかを指します。


Java SE 7 認定資格を取得するにはどのような試験に合格する必要がありますか?
Java SE 7 認定資格の認定パスについては、こちら をご覧ください。研修の受講は必須ではありませんが、認定資格試験の準備を効率よく進めるには、Oracle University の研修の受講をお勧めします。

Java SE 7のマスター・レベル、ディベロッパ・レベルの認定資格はありますか?
Java SE 7 認定資格のマスター・レベルの資格については開発の可能性を検討中です。

学習内容やお勧めの研修を確認するにはどうすればよいですか?
各試験の出題範囲と推奨される研修については、上記のクィック・リンクより各試験の詳細ページをご覧ください。

Oracle Certified Java Programmer, Silver 認定資格を取得するには、その前に Oracle Certified Java Programmer, Bronze SE 7 認定資格を取得する必要がありますか?
いいえ。Silver 認定資格には、前提資格はありません。

Oracle Certified Java Programmer, Gold 認定資格を取得するには、その前に Oracle Certified Java Programmer, Silver SE 7 認定資格を取得する必要がありますか?
はい。Silver 認定資格は、Gold 認定資格の前提となっています。

なぜ Oracle Certified Java Programmer, Gold 認定資格を取得する前に Oracle Certified Java Programmer, Silver SE 7 認定資格の取得が必要なのでしょうか?
Java SE 7 認定資格では、アソシエイツ・レベルの認定資格が大幅に変更、アップグレードされた認定資格となりました。 Oracle Certified Java Programmer, Silver SE 7 の受験者は、単なる概念や知識の習得にとどまらず、多様なプログラミングのスキルとタスクを実践レベルで応用する力が求められます。

Java SE 7 認定資格を取得する理由は何ですか?
認定資格の取得はご自身やそのキャリアに対する投資となります。認定資格を取得する過程でさまざまな学習内容、研修、実践練習を体験し、スキルと知識を高めることができます。Java 認定資格は世界的に認められたプログラミング資格の1つであり、Java SE 7 認定資格者になれば、経営者や同僚、顧客に対して、Javaプログラミングの最新技術に精通していることを証明できます。

認定資格のアップグレードについて

Java SE 7 認定資格よりも前のバージョンの Javaプログラマ認定資格を Oracle Certified Java Programmer, Gold SE 7 認定資格にアップグレードした方がよいのはなぜですか?
オラクルでは Java SE 7 認定資格を全面的に改訂、再編成しました。Gold レベルではより広く深い知識を扱っています。Java SE 7 よりも前のバージョンの Javaプログラマ認定資格をお持ちの方は、移行試験(1Z0-805 : Upgrade to Java SE 7 Programmer) に合格するだけでアップグレードできます。

Java SE 7 認定資格よりも前のバージョンの Javaプログラマ認定資格を Oracle Certified Java Programmer, Gold SE 7 認定資格にアップグレードするには、どうすればよいですか?
アップグレードするには、移行試験(1Z0-805 : Upgrade to Java SE 7 Programmer) に合格する必要があります。

Oracle認定JavaプログラマSE 5 (OCJ-P) または Sun認定Javaプログラマ(SJC-P)の任意のエディション) から Oracle Certified Java Programmer, Gold SE 7 認定資格にアップグレードするためには、予め Oracle認定JavaプログラマSE 6 (OCJ-P) を取得する必要がありますか?
いいえ。移行試験(1Z0-805 : Upgrade to Java SE 7 Programmer) に合格すれば、アップグレードできます。研修の受講も必須ではありません。

Java SE 7 認定資格より前のバージョンのJavaアソシエイツ・レベルの認定資格を Java SE 7 認定資格にアップグレードできますか?
SCJA または OCJA 5/6 から Java SE 7 認定資格への特別な移行パスはありません。認定資格を取得するには、試験(1Z0-803 : Java SE 7 Programmer I )に合格する必要があります。

学習内容を確認するには、どうすればよいですか?
移行試験の出題範囲と推奨される研修については、試験詳細ページ1Z0-805 Upgrade to Java SE 7 Programmerをご覧ください。

移行試験はいつから申込みできますか?
2012年6月よりお申込みが可能となる予定です。お申込みの際は ピアソンVUE社からお申込みください。