"A script enabled browser is required for this page to function properly"

Oracle RECERTIFICATION(再認定)

最新技術に精通していることを証明

RECERTIFICATION(再認定)は、Oracle データベース管理資格をお持ちの方が、最新の知識やスキルを保有していることを証明するために最新資格を取得するプロセスです。

Recertification(再認定)の必要性

  • Recertification(再認定)はIT 業界でも広く用いられており、資格の再認定により、資格保有者が最新の技術を習得していることが証明されます。
  • オラクル認定資格は、IT業界において非常に高く評価されています。特にOracleデータベース管理資格については、管理者にとって不可欠な知識とスキルがあることを証明するだけでなく、資格取得者が優秀であるべく全力を尽くす姿勢の証しにもなっています。
  • Oracleデータベース管理資格を対象としたRecertification(再認定)ポリシーを導入することにより、資格をお持ちの方がOracleデータベース・テクノロジーの最新技術に精通していることを証明します。
video shadow

Recertification(再認定) の詳細

Recertification(再認定)ポリシーの導入に伴い、Oracle データベース 管理資格のバージョンごと(たとえば 9i、10g、11g、 12c )に、試験配信終了を受けて、資格の終了日が設定されます。

  • 「お持ちの Oracle テータベース管理資格の最新バージョン」(以下、最新保有バージョン)の資格が終了した場合、「Oracle が認める最新バージョン(*1)」の資格にアップグレード(*3)すれば、資格の更新(*2)が完了します。
    • Oracle Database 10g Administrator Certified Associate (OCA)
    • Oracle Database 10g Administrator Certified Professional (OCP)
    • Oracle Database 10g Administrator Certified Master (OCM)
    • Oracle Database 10g Real Applications Clusters Administrator Certified Expert (OCE)
  • 「お持ちの Oracle テータベース管理資格の最新バージョン」(以下、最新保有バージョン)の資格が終了した場合、「Oracle が認める最新バージョン(*1)」の資格にアップグレード(*3)すれば、資格の更新(*2)が完了します。
  • 終了日から1年が経過したバージョンの資格は「終了資格」と扱われます。そのため、CertView のステータスに関わらず、認定証や認定ロゴの使用は認められません。すでにダウンロード済み、または印刷済みの認定証および認定ロゴについても使用は中止してください。
  • 当ポリシー適用に伴い、「Oracle が認める最新バージョン(*1)」の資格を取得された方は、Oracle の「認定資格者」と認められます。また、終了資格のみお持ちの方は、「終了資格保有者」となり、 Oracle の「認定資格者」とは認められません。

  • (*1) 現時点での「Oracle が認める最新バージョン」は、Oracle Database 11g / 12c です。ただし、Oracle Database 10g については、2015年3月1日に終了となるため、2015年2月28日まで、「Oracle が認める最新バージョン」として取り扱われます。

    (*2) 資格の更新とは、 Oracle の認定資格者としての再認定を指します。

    (*3) 資格のアップグレードとは、上位バージョン資格への移行(取得)を指します。終了資格が更新され、有効となる訳ではなく、認定証及びロゴはご利用頂けません。

Recertification(再認定) に必要なお手続き

  • 「お持ちのOracle テータベース管理資格の最新バージョン」(以下、最新保有バージョン)の資格が終了した場合、「Oracle が認める最新バージョン(*1)」の資格にアップグレードすれば、資格の更新(*2)が完了します。

    • 例 - 最新保有バージョンとして ORACLE MASTER Gold Oracle Database 10g 資格をお持ちの場合:

      - Oracle Database 10g 資格の終了日(2015年3月1日)から1年以内は、10g から「Oracle が認める最新バージョン(*1)」へのアップグレード試験の配信を保障しています。アップグレード試験配信が終了する前に、Oracle Database 11g または 12c のORACLE MASTER Gold にアップグレードした場合は ORACLE MASTER Gold の資格の更新(*2)が完了します。なお、終了日から1年を過ぎた時点で資格の更新が完了していない場合は、一旦 Oracle データベース 管理資格は失効(Inactive)となります。

  • お持ちの Oracle データベース管理資格が「Oracleが認める最新バージョン(*1)」の場合は、資格の更新(*2)は必要ありません。
資格別のアップグレード方法については下記の PDF をご参照ください。

CertView上のステータス

「お持ちの Oracle テータベース管理資格の最新バージョン」(以下、最新保有バージョン)の資格により下記ステータスが CertView 上で設定されます。

有効(Active)

「最新保有バージョン」の資格が、「Oracle が認める最新バージョン(*1)」であるため、資格のアップグレードは必要ありません。

警告(Active/On Notice)

「最新保有バージョン」の資格が、終了日から1年以内の状態です。「Oracle が認める最新バージョン(*1)」へのアップグレード試験配信が終了するまでに、「Oracle が認める最新バージョン(*1) 」の資格にアップグレードしていただくことを推奨しています。

失効(Inactive)

「最新保有バージョン」の資格が、終了日から1年を過ぎています。終了日から1年が経過したバージョンの資格は、「終了資格」と扱われます。終了資格のみお持ちの方は、「終了資格保有者」となり、 Oracle の「認定資格者」とは認められません。 失効の状態でも、「Oracleが認める最新バージョン(*1)」へのアップグレード試験配信が終了するまでは、「Oracle が認める最新バージョン(*1)」へのアップグレードは行えます。

2015年3月1日に終了した資格

下記の認定資格は、失効(Inactive)です。
「Oracle が認める最新バージョン(*1)」へのアップグレードが必要です。

  • ORACLE MASTER Gold
  • ORACLE MASTER Platinum
  • ORACLE MASTER Gold 8
  • ORACLE MASTER Platinum 8
  • ORACLE MASTER Gold 8i
  • ORACLE MASTER Platinum 8i
  • ORACLE MASTER Silver Oracle Database 9i
  • ORACLE MASTER Gold Oracle Database 9i
  • ORACLE MASTER Platinum Oracle Database 9i
  • ORACLE MASTER Silver
  • ORACLE MASTER Gold 9i
  • ORACLE MASTER Platinum 9i
  • ORACLE MASTER Bronze Oracle Database 10g
  • ORACLE MASTER Silver Oracle Database 10g
  • ORACLE MASTER Gold Oracle Database 10g
  • ORACLE MASTER Platinum Oracle Database 10g
  • Oracle Database 10g Managing Oracle on LinuxCertified Expert

よくあるお問合せ(FAQ)については、下記をご参照ください。

Why did Oracle make this policy change?

オラクル認定資格の取得により、優れたオラクル技術者であることを世界的に証明できます。雇用市場の競争が激化する中、最新知識やスキルの習得を資格取得で証明することにより、ご自身の市場価値をより高めることができます。

※ 一般的に、古くなったオラクル製品のサポート期間が終了すると、その製品に関連付けられた認定資格の価値が低くなります。

Oracle データベース管理資格を対象とした Recertification(再認定) ポリシーは、2014年11月1日より適用されます。「お持ちの Oracle テータベース管理資格の最新バージョン」(以下、最新保有バージョン)が Oracle Database 9i 以前の方は、2014年11月1日が当該資格の終了日となりますので、「Oracle が認める最新バージョン(*1) 」へのアップグレード試験配信が保障されている 2015年10月31日までに、「Oracle が認める最新バージョン(*1) 」の資格にアップグレードされることを推奨しています。アップグレードにより、資格の更新が完了すれば、資格の取得者特典が引き続き受けられます。

重要:重要:最新保有バージョンが Oracle Database 10g の方は、 2015年3月1日が当該資格の終了日となりますので、「Oracle が認める最新バージョン(*1) 」へのアップグレード試験配信が保障されている2016年2月29日までに、「Oracle が認める最新バージョン(*1) 」の資格にアップグレードされることを推奨しています。2016年2月29日までに資格のアップグレードが完了しない場合は、Oracle Database 10g データベース管理資格の CertView のステータスが一旦失効(Inactive)になります。

(*1) 「Oracleが認める最新バージョン」は、Oracle Database 11g / 12cです。ただし、Oracle Database 10g については、2015年3月1日に終了となるため、2015年2月28日まで、「Oracle が認める最新バージョン」として取り扱われます。

資格別のアップグレード方法については、こちら(PDF) をご確認ください。

Specialist certifications are focused on sales and implementation. They may not sufficiently cover the duties of an Oracle Database Administrator, or the duties of an Oracle Certified Expert job role that's dependent on the skills and knowledge of an Oracle Database Administrator.

Maintaining an active credential in a current product version keeps your knowledge and skills up-to-date and indicates to employers you're proficient in the latest Oracle Database technology releases. Keeping your certification active also validates your commitment and dedication.

Keeping your credentials in an active status also maintains access to your Oracle Certification benefits, including but not limited to Oracle Certification logos, eCertificates, digital badges and the ability to validate your certification to a third party.

At this time, the requirement is limited to Oracle's Database credentials because this is our largest certification audience and the Oracle Database credentials have several versions going back many years. These credentials are more likely to have more individuals still certified only on very old product versions than any other area of Oracle Certification.

It is crucial for you to update your skills and maintain your credentials in today's competitive database administrator market.

It is also important to Oracle to have qualified people implementing, maintaining and troubleshooting our software.

This benefits you, Oracle customers, Oracle partners, Oracle support and Oracle as a company. We will evaluate each certification on its own merits for inclusion in this requirement.

This is currently under discussion. Each certification will be evaluated separately to determine if recertification is necessary.

You only need to upgrade to one current certification to remain active.

For example, if you hold an Oracle9i Database Administrator Certified Associate, Professional and Master, you only need to earn one Oracle Database 11g or 12c certification at the Associate, Professional or Master level to maintain all of your Oracle9i Database Certifications in active status.

Expert certifications can be maintained in two ways, either by earning a later certification at the Associate, Professional or Master level, OR by earning the later corresponding Expert certification, if available.

If you upgrade your Expert certification to a current version, this only keeps your Expert certification active.

You do not have to upgrade to the same level of certification.

As long as you upgrade to a related Associate, Professional or Master credential on a current version, your Oracle Database certifications will remain active. For example, if you hold a Master certification in Oracle9i Database, simply upgrade your Oracle Certified Professional credential to Oracle Database 11g or Oracle Database 12c and your earlier Master certification will remain active. If you hold a retired Expert credential, upgrading to a later version of that Expert credential will keep only the earlier Expert credential(s) active.

If you missed the deadline and your certification(s) became inactive, simply upgrade to a current version at any time to reactivate and regain access to key Oracle Certification benefits.

You can follow the standard upgrade path for your certification to upgrade to a current version and reactivate your credential(s).

If you decide that starting over with the current version of OCA is the best certification path for you, remember you do not need to complete an additional training requirement. If you hold an earlier version of a DBA OCP certification, you can upgrade to a current version without completing training, even if you’re starting over at the OCA level.

If you are upgrading from OCA directly to OCP, you will be required to complete the course requirement for the OCP credential to which you are upgrading.

Periodically we review policies for relevancy. As our program endures and grows, business practices and policies change and expand to maintain a program that is valuable to candidates as well as hiring managers. This is a policy change that helps maintain the integrity of our certification program and the value of your certification.

  • Active: no action is required. All your certifications are active.
  • On Notice: Your latest version of an Oracle Database credential has retired and an email has been sent to the email address in your Pearson VUE profile that you have 12 months to upgrade to a current certification to keep the certification active. Your credential will remain in 'On Notice' status until the credential becomes inactive, or until you upgrade to a current certification.
  • Inactive: Your credential has retired and it has been more than 12 months from the date it retired. Your credential will remain in 'Inactive' status until you upgrade your certification to a current version.

You have 6 months from a credential's retirement date to complete the course submission form and receive the certification. You must have passed all exams prior to the retirement date. After the 6-month grace period, if you still have not completed the course submission form you will be required to start over.