"A script enabled browser is required for this page to function properly"
Oracle University

オラクル認定資格制度:
データベース管理資格を対象に
Recertification(再認定) を導入
(2014年11月1日~)

Upgrade Options Recertification(再認定) に必要なお手続き 関連する用語 よくあるお問合せ(FAQ)
 

オラクル認定資格の取得により、優れたオラクル技術者であることを世界的に証明できます。雇用市場の競争が激化する中、最新知識やスキルの習得を資格取得で証明することにより、ご自身の市場価値をより高めることができます。

※ 一般的に、古くなったオラクル製品のサポート期間が終了すると、その製品に関連付けられた認定資格の価値が低くなります。

Recertification(再認定)はIT 業界でも広く用いられており、資格の再認定により、資格保有者が最新の技術を習得していることが証明されます。



 

オラクル認定資格は、IT業界において非常に高く評価されています。特にOracleデータベース管理資格については、管理者にとって不可欠な知識とスキルがあることを証明するだけでなく、資格取得者が優秀であるべく全力を尽くす姿勢の証しにもなっています。

Oracleデータベース管理資格を対象としたRecertification(再認定)ポリシーを導入することにより、資格をお持ちの方がOracleデータベース・テクノロジーの最新技術に精通していることを証明します。

 

オラクルは、Oracleデータベース管理資格を対象としたRecertification(再認定)ポリシーを導入することにより、お客様のキャリア目標を達成するために、オラクル認定資格のさらなる価値向上に努めます。


資格別のアップグレード方法については、こちらのPDFをご確認ください